コピー禁止サイトの作り方&一部の文章をコピー禁止にする方法


コピー禁止サイトというのは、その名の通り文章のコピーが出来ないサイトです

主に歌詞サイト文章が主体のサイトは、
コピー禁止になっていることが多いです

この記事ではそのようなコピー禁止のサイトの作り方と、
一部の文章をコピー禁止にする方法を紹介します

コピー禁止サイトの作り方



まず、以下の文章をコピーしようとしてみてください

ドラッグ不可


次に、以下の文章をコピーしようとしてみてください

コピー禁止(アラート)


最後に、以下の文章をコピーしようとしてみてください

コピー禁止


コピー禁止には、この3種類の方法があります

まず、一つ目の「ドラッグ不可」は、
ドラッグが出来ないので、コピーはもちろん、画像の保存なども出来ません

そして、コメントフォームなどに文字を入力することも出来ないので、
コメントフォームを設置している人にはおすすめ出来ません

次に、二つ目の「コピー禁止(アラート)」は、
コピーをしようとするとアラートで警告をします

上の例では、「コピー禁止の文章です」というアラートを出してみました

コピー禁止だということを簡単に伝えられますが、
コピー禁止だと知らずにコピーしてしまった人は不快に思うかもしれません

最後に、三つ目の「コピー禁止」は、
一番単純で、コピーを押してもコピーされていないというものです

コピーした側は不思議に思うかもしれませんが、
何回かコピーするうちにコピー禁止だということに気づくと思います

では、この3種類のうちのどれかを使ってコピー禁止サイトを作りましょう

作り方は簡単で、
の中の「コード」と書かれたところに自分の使いたい効果のコードを入れればOKです

3種類それぞれのコードはこちらになります

ドラッグ不可

コピー禁止(アラート)

コピー禁止

これを「コード」の部分に入れると、
以下のような感じになります
こうなっていればあなたのサイトは立派なコピー禁止サイトです

一部の文章をコピー禁止にする方法



サイト全体ではなく、一部をコピー禁止にしたい人もいると思うので、
一応説明しておきます

この方法を使えば、コメントフォームが設置してあるサイトでも、
ドラッグ不可をコメントフォーム以外の場所に適用させる、という風にドラッグ不可を使うことも可能です

上の説明が理解出来た人には簡単すぎる説明かもしれませんが、
このように要素の後ろに先ほど紹介したコードを貼り付けるだけでコピー禁止になります

ちなみに、上のサンプルのドラッグ不可エリアは、
こんな感じでドラッグ不可にしていました

コピー禁止にしたい部分を要素で囲んでコードを貼り付けるだけで出来るので、
是非気軽に一部だけでもコピー禁止にしてみてください

ブログに書く事が無くなった時の対策








posted by 副収入 | TrackBack(0) | 技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。